1990年初版以来100万部以上売れた中国語初心者向け一大ベストセラーテキスト。98年修訂再版、2005年第3版を経て、本書2015年修訂の第4版では、B5版のテキストサイズとなり、おおもとの内容はほとんど変えずに、ただ現今の社会変化を反映させて“高鉄”(新幹線などの高速鉄道)“微信”(ウィチャット)等の新語を取り入れる。内容は上下各20課に数ページの復習部分を付加。「基本文」・「会話」・「言い換えと発展」・「新出単語」・「文法」・「練習」で構成されている。初心者におすすめです。

初心者~上級者向けのシリーズ『漢語口語速成』は1999年~2000年、《入門篇上・下》・《基礎篇上・下》・《提高篇》・《中級篇》・《高級篇》の5部作として北京語言大学から、短期修得用の漢語口語教材用に出版。2005年に《高級篇》を除いて修訂再版され、2015年のこの第3版は北京大学出版社に移って《高級篇》を含む5部作全てが修訂された。基礎篇は上・下12課ずつ全24課。800語程度の単語と簡単なフレーズを習得できるよう編まれている。中国語口語レベルUPしたい方におすすめします。

新糸路はビジネス中国語クラッシュコースシリーズの中間レベルであり、すでに中国語の初級を学んだ人に適したタスクベースの音声テキストです。 本全体は2つのボリュームに分かれており、それぞれ10レッスンで構成されており、デザインの内容はビジネス中国語テスト(BCT)の概要に沿って密接に配置されています。ビジネスマンの実際のニーズ。 教科書はエクササイズが豊富で、活気があり、タスクが多様で、非常に実用的であるため、外国人学習者はビジネス中国語のレベルを簡単に向上させ、ビジネス中国語の世界に素早く参入できます。

数ある中国語検定の中でも、HSKは中国政府教育部(日本の文部科学省に相当)直属の機関である「孔子学院总部/国家汉办」が主催し、中国政府が認定する資格です。(主催団体は、中国政府教育部 孔子学院总部/国家汉办) そのため、HSKの成績報告は、中国国内だけでなく、日本国内、そして世界中で公的証明として活用することができます。 近年、中国に現地法人を置く企業はますます増加してきており、日本在住の中国人の方も増えてきています。それに伴い、中国現地法人での勤務をはじめ、中国企業とのやり取りを行ったり、中国人顧客への応対を行ったりと、さまざまな業種・さまざまな職種で中国語能力必要とされ始めています。 HSKは、中国国内での就職・転職活動に役立つのはもちろん、中国政府公認という信頼できる中国語検定だからこそ、日本国内の企業の採用条件、昇進や中国現地法人での勤務の条件などとして選ばれています。

YCT(青少年向け中国語検定試験)とは 母語が中国語ではない青少年の皆様に対し、中国語を教育し、青少年の中国語能力を高め育成するため、2004年から中国国家漢弁は海外中国語教育、語言学、心理学と教育学などの領域で専門家を設けてYCTを世界的に実施しています。今般の新YCT(青少年向け中国語検定試験)は日本を含め海外諸国の中国語教論や受験生の意見を踏まえ青少年の中国語教育の状況を調査した上で新たに改定しております。日本では29歳までの青少年が受験対象者です。

BCT(ビジネス中国語検定試験)とは ○BCTは全世界で行われる国際レベルの標準試験であり、第一言語が中国語ではない人の、ビジネス活動における中国語のコミュニケーション能力を重点的に測定するものです。 ○試験は「聞く・話す」能力に重点をおき、職場でのリアルなビジネスシーンで使えるよう工夫しています。実用性の高い言葉や社交シーンの内容を主体に、受験生のビジネス中国語応用能力を測定します。 ○BCTは英語のTOEICに相当するビジネス中国語試験です。 ○BCTは下記の1.BCT-A(初級)と2.BCT-B(中上級)の2種類があり、学習レベルにより選択受験が可能です。

YCT(青少年向け中国語検定試験)とは 母語が中国語ではない青少年の皆様に対し、中国語を教育し、青少年の中国語能力を高め育成するため、2004年から中国国家漢弁は海外中国語教育、語言学、心理学と教育学などの領域で専門家を設けてYCTを世界的に実施しています。今般の新YCT(青少年向け中国語検定試験)は日本を含め海外諸国の中国語教論や受験生の意見を踏まえ青少年の中国語教育の状況を調査した上で新たに改定しております。日本では29歳までの青少年が受験対象者です。